他社からソフトバンクへと乗り換えてキャッシュバックを貰うポイント

他社からソフトバンクに乗り換え

スマホを使いこなしている人の多くは、各会社のスマホを2年おきに変えながら利用しています。

 

他社から自社スマホへの利用客を増やすべく、料金形態が安くなるプランを各社がこぞって売り出したことで、1つの会社をずっと使い続けるよりも得してしまうというのが大きな要因です。

 

しかし、最近ではそのようなキャンペーンを総務省が抑制し始めた為、大企業による乗り換え客呼び込みの施策は減少しつつあります。

 

ドコモはこのような宣伝方法を徐々に撤廃していき、堅実的な方針に切り替えました。

 

また、多数の有償オプションへ加入しなければ、携帯料金が安くなるキャンペーンに参加出来ないという取り組みを、au取り扱い携帯ショップの一部店舗が実施しています。

 

このような動きが強まりながらも、何の条件もなしにソフトバンクでは料金offのサービスを受けられてしまいます。

 

事業発展へ大変意欲的であるという捉え方も出来ます(総務省が目をつけて規制を強める可能性が高いです)が、スマホを利用する私達からしてみれば、1円でも得するならそちらを利用したいと思うのが世の常です。

 

そこで、他のキャリアからソフトバンクのスマホへ変えられるオススメの方法(2019年時点)を本記事でご説明致します。

 

 

乗り換えキャッシュバックは直営店ではなく代理店で

キャリアを乗り換える際にポイントや商品券が貰えたら、嬉しいですよね。
お得な「乗り換えキャッシュバック」について調べました。

 

乗り換えキャッシュバックは、どこでも貰えるわけではありません。
ちょっとした条件がある場合が多いです。

 

まず、携帯電話やスマホを扱っているのはキャリアショップと代理店の2種類があります。
キャリアショップというのは、au・ドコモ・ソフトバンクなど通信会社の営業するショップのことです。
早い話、直営店ですね。直営なので決まったキャリアの商品しか扱っていません。
一方、代理店というのは携帯ショップや家電量販店などのことを言います。ネット上の代理店もありますね。
いろんなキャリアを扱っているお店のことです。

 

「条件付き」の代理店に注意

乗り換えキャッシュバックは、代理店で「条件付き」で実施されることが多いようです。

 

携帯ショップや家電量販店では、月額料金が発生する有料コンテンツに複数加入することがキャッシュバックの条件になっていたりします。
(例えば、auだったらビデオパスとブックパスに加入することがキャッシュバックの条件、など。)

 

この有料コンテンツ、後から解約することも出来るんですが解約を忘れたままだとコンテンツ料が発生するのでご注意を!
肝心のキャッシュバックは、ポイントや商品券で払われたりすることが多いようです。

 

乗り換えキャッシュバック額が違う理由

一方、ネット代理店では外部コンテンツの加入が不要だったり、現金でキャッシュバックされるケースもあります。

 

何故、このような違いが生まれるのでしょうか。それは「店舗維持費の違い」です。

 

携帯ショップや量販店はテナントを借りて営業するため、家賃、光熱費といった諸費用もかかります。
そして出店している土地は、大体駅前だったり人通りが多く栄えている場所のためコストが嵩みやすいです。
ネット代理店はそうした費用が少ないので、キャッシュバックをポイントや商品券ではなく現金で出せるのです。

 

ちなみに、キャリアから店へのインセンティブはどの代理店も同じ額ではありません。
契約数や実績の多い代理店はもちろん多く貰えますが、キャリアと近しい代理店の方も多く貰えるそうです。

 

以上のことからネット代理店は店舗維持費が少ないので実店舗より余力がある場合が多く、現金でキャッシュバックを出しやすいのです。

 

キャッシュバックのつくネット代理店に関しては、「ソフトバンクに乗り換えて安全にキャッシュバックを貰う方法―ソフ安」というサイトがよくまとまっています。

 

どちらでキャッシュバックを貰うか、よく調べて乗り換えキャッシュバックを貰ってくださいね。

 

 

条件の少ないネット代理店

ネット代理店では店舗に行かずにスマホのキャリアの乗り換えができます。自宅での契約となるので待ち時間もなく、不必要な説明を聞く必要もありません。

 

店舗に行く時間のない人や子育て中の方などとても便利です。

 

しかし、ネット代理店にも欠点があります。それは、ネット契約後新しいスマホが手元に来るまでに数日から1週間程度かかってしまうことです。店舗に行かないので品物が郵送されてくるからです。また、画面での選択のため、手に取って商品の確認が出来ないということもあります。

 

ネットで購入した場合、アフターフォローが気になると思いますが、この記事のショップは既製品を取り扱っています。だから、購入後は近所のソフトバンクショップでアフターフォローが受けられます。もちろん、代理店でもアフターフォローしてくれますので、心配をする必要はありません。

 

 

おとくケータイ.net

 

東京・池袋に本社を構え、創業10年目を迎えるネット代理店です。業界の中では実績豊富な老舗です。

 

お客様対応やキャッシュバック額への満足度の高さが長年人気の理由といえるでしょう。
(数年前、私も数ある中からこの代理店を選び、乗り換えました。親切な対応でした。もちろんキャッシュバックも振込みされました。)

 

乗り換えは、ネットの手続きのみで完了します。

 

ネットフォーム入力で契約でき、面倒な郵送手続きは不要です。
(注意!ソフトバンクユーザーの支払いが口座振替の場合、口座情報は郵送有り)

 

新しいスマホが自宅に届けば、指示通りに開通連絡をするだけで乗り換え完了します。

 

店舗へ向かう手間や待ち時間もなく、隙間時間で出来ます。

 

ベストな代理店だと言えます。ぜひ検討をオススメします。

 

 

 

スマホ乗り換え.com

 

これまではお店での契約方式をとってましたが、現在ではネットでの契約に注力しています。

 

店舗は全国2か所、東京と大阪にあり、お店での乗り換えも可能です。

 

(以前は名古屋、大阪、京都、福岡にも店舗がありましたが、現在ではネット契約に切り替わっています。)

 

ショップの強みは、ずばりキャッシュバックが出るまでのスピード。

 

お店での契約であればその場ですぐに、ネット契約でも契約完了日から7営業日以内に現金振込、と圧倒的な速さです。

 

気になる方も多い、外部のコンテンツに加入はお客様の自由です。

 

会社を上げて営業活動に力を注ぎ、キャッシュバックの額はもちろんトップレベル。

 

ほかにも、同様のサービス展開をいくつか行っておりますが、条件などは同じです。

 

 

SMART PHONE STORE

 

SMART PHONE STOREの良いところは、サイトが見やすいところです。

 

見積もりをサイト上で行うと、オプションなしの基本プランを解りやすく表示してくれます。

 

逆にプランを自分好みに組み替えたい方は、店頭に直接足を運ぶことをオススメします。

 

女性の方が運営責任者をしており、店内は穏やかで威圧感のない空間になっています。

 

さらに新規契約でキャッシュバックが出るという、初めて携帯を持たれる方にお得なサービスを展開しており、乗り換えキャッシュバックも少額ですがもちろんあります。

 

ユーザー側が申請期間内にキャッシュバック申請をし、開通月から半年後に振り込まれる形になっています。

 

ちなみにキャッシュバックの目安額はサイトではなく電話で直接問い合わせて、明確な金額を知れるようになっています。

 

他社からソフトバンクに乗り換え

ネット代理店のキャッシュバックの相場は

ネット代理店のキャッシュバックの相場は、2万円から4万円前後となっています。

 

時期や機種によっては、更なるキャッシュバックも期待することができます。

 

総務省による公正な取引のため、0円での携帯端末の販売を控えるように指針を出したところ、以前のようなキャッシュバック合戦は行われなくなりましたが、現在でもネット代理店によってはお得に購入可能です。

 

また、キャッシュバックではなく本体代が値引きされるケースもあり、iPhoneがそのケースに当てはまります。

 

新型iPhoneの発売前後や年末年始などキャンペーンとして打ち出し、大幅な割引が受けられます。

 

ただし、ネット代理店独自のサービスの加入やオプション加入などの条件が発生するので、事前に確認が必要です。


ページの先頭へ戻る